「子どもは野球チームが作れるくらい作ろう!」とはよく使われる冗談ですが、子どもについての計画や希望を夫婦で話し合うのは楽しいものです。最初から二人目を妊娠するつもりでいた家庭もあれば、一人目を産んだらもう一人欲しくなったケースもあるでしょう。この記事では、二人目妊娠中の人や二人目妊娠を考えている人に向け、よくある点や気をつけたいことをご紹介します。, 上の子への接し方など大切なポイントも解説しますので、妊娠中の過ごし方について、ぜひ参考にしてください。, 妊娠はさまざまな奇跡を繰り返して生じる授かりものです。完璧にタイミングを図るのは難しいものの、育てやすいタイミングや時期はあるのでしょうか? ママたちの間では、二人目は「一人目の子どもがある程度大きくなるまで待ちたい」という声が多くあります。特に上の子が4歳以上になると、意思疎通が可能になりできることが増えるなど、手がかからなくなると感じるようです。, 初めての子育てでは、ママ・パパもてんてこまいになりがちで、あちこちの意見にも流されやすくなるでしょう。しかし、育児には仕事や生活スタイルなど、各家庭の事情があります。「子どものため」「周囲に合わせるため」と色々なことを考えてしまいがちですが、自分たちにとって一番良い時期を選ぶことが大切です。周りに流されず、ぜひご夫婦でしっかりと話し合ってください。, 妊娠中の心身には個人差があり、同じママでも一人目の妊娠とすべて同じとは限りません。「最初のときとは違う」と戸惑ってしまうかもしれませんが、それは当たり前のことなのです。ここからは、二人目だからこそ起こる「あるある」をご紹介します。, 一人目を妊娠した際は夫婦だけなので、間食を控えたり栄養バランスを考えたりと、食事の調整もしやすいでしょう。しかし、二人目の妊娠中には上の子がいるため、食事は子どもに合わせたものになりやすいです。子どもが残した食事を自分が食べることで、一人目のときよりも太りやすくなるという声もありました。特に妊娠中期からは体重が増えやすくなり、体重管理が難しく感じるかもしれません。, 完全に慣れるというものではありませんが、既に妊娠・出産を経験していると、2回目は気持ちに余裕をもって赤ちゃんを待てる人も多くなります。一人目の際は「大丈夫かな、これでいいかな」と不安に思う気持ちが強かったものの、二人目になると「こんなものだろう」とゆとりのある考えが持てるでしょう。前回は胎動を夫に細かく伝えていたのに、二人目では「そういえば○ヶ月前からあったよ」など、後から報告することも増えがちです。妊娠初期の精神的な不安は一人目より少ないかもしれません。, 気持ちは慣れても、身体もそうとは限りません。個人差はありますが、悪阻は何人目でも必ず襲ってきますし、場合によっては一人目よりもつらく感じる人もいます。しかし、周囲は「一人産んだら慣れる」と考える人も意外に多く、「2回目だから慣れているでしょう」などと言われて憤ることもあるかもしれません。悪阻に正しい解決方法はなく、そのつらさも人それぞれです。慣れているだろうと言われたら、きっぱりと「つらい」と伝えましょう。, 夫婦だけであった一人目の妊娠時は、悪阻や体調がすぐれないときはゆっくりと休めていました。しかし、二人目の妊娠時は上の子のお世話もあり、つらくても休息が取れない場面が多くなります。休めないまま頑張ってしまうとどんどん体調が悪化してしまうため、夫からの協力は一人目妊娠のとき以上に不可欠です。「夫も疲れているから」など遠慮してしまうこともあるかもしれませんが、まずはママの体調を優先しましょう。, 続いて、二人目の妊娠中に気をつけたいポイントを紹介します。一人目とは勝手が違うことも多いので、あらかじめ下記の内容を参考にしてみてください。, 二人目の妊娠中、上の子が赤ちゃん返りすることがあります。上の子にとっては、それまで独占できていたママがお腹の様子ばかりを気にするようになり、「ママを取られた、寂しい」と感じてしまうのです。上の子は構ってほしいこともあり、わがままを言ったり泣き出したり、ひときわ甘えん坊になると言われています。子どもが不安にならないよう、いつも抱きしめる・言葉で愛を伝えるなど、スキンシップで愛情を感じられるようにしましょう。, 妊娠中は、無理をせず自宅安静することが大切です。とはいえ、上の子のお世話もあり、体調が悪くてもつい無理をしたり動かなければならなかったりという場面もあります。しかし、体調がすぐれない・悪阻がつらいといった際は、できるだけ家族にサポートしに来てもらう、一時的に保育園などで預かってもらうなども検討するようにしてください。頑張らなければと思いがちですが、身体のことも考え、できる限り負担の少ない対策を考えましょう。, 一人目の妊娠中に現れていた症状は、二人目のときも現れる可能性があります。特に高血圧症、妊娠糖尿病、産後うつなどの「妊娠合併症」を経験していた場合、今回も発症する可能性があるでしょう。あらかじめ医師に説明をし、こまめに相談をしておきましょう。また、何か異変があればすぐに病院へ連絡・受診するようにしてください。異変が起きた際はネットなどに頼らず、まずは医師に相談します。「この程度なら」と勝手に判断するのは禁物です。, 前述でも解説した通り、二人目の妊娠により、上の子が「赤ちゃん返り」するケースがあります。これは子どもにとって健全な反応であり、この時期の対応はとても大切です。わがままを許してはいけないのではと思ってしまいがちですが、むしろ上の子が安心できるよう、しっかりと甘えさせてあげましょう。こまめなスキンシップと言葉で愛情を伝えるようにすることで、上の子に愛情不足を感じさせないようにします。, 安心した上の子は、下の子に愛情を注ぎ一緒に可愛がってくれるようになります。妊娠中は忙しく大変ですが、上の子と過ごす時間もぜひ大切にしてください。一緒に下の子を可愛がってもらえることで、上の子はとても心強い戦力になります。, 何度経験しても、つらい体調には慣れません。二人目妊娠中の生活を少しでも快適にするため、できることをご紹介します。これらのポイントを参考に、取り入れやすい対策を検討してみてください。, 妊娠中は「やりたくてもできないことがも多く、家族のサポートなしでは乗り切るのも難しくなります。安静にしていたいと思うこともあり、思うように動けないストレスも増えるでしょう。体調が悪いときは夫にメインで家事や育児をしてもらうよう、あらかじめ話しておきましょう。妊娠のつらさは、どうしても男性には想像がつきづらいことの1つです。, 「○○をしてくれると嬉しい」など、具体的な指示をすると夫も動きやすくなります。夫も次第に家事・育児のポイントがわかるようになり、自然と自分からこなしてくれるようになるのでおすすめです。夫がいない昼間などは、両親に来てもらえないか相談をし、家族からサポートしてもらえるようにしましょう。, 上の子の送り迎えや食事の準備など、お世話が難しいと感じたときは、キッズシッターに頼むという方法もあります。キッズシッターではそうした基本的なお世話のほか、本を読んだりお散歩をしたり、遊び相手としても依頼できるのが魅力です。子どもとは一緒に行けない場所や妊婦健診など、ちょっとした時間に頼むのも良いでしょう。キッズシッターで訪問するスタッフは、皆厳しい研修を受けたプロのシッターばかりです。, 子どもとの上手な対応を勉強したり、子育てについての悩みを相談したりすることもできるので、家族からのサポートが難しい、一人で抱え込んでしまいがちといった場合は、ぜひ一度検討してみてください。, 妊娠中は悪阻や体調不良などにより、食事や洗濯、掃除といった家事にも手が回らないことが多くあります。誰かがやらなければどんどん溜まっていってしまうため、結局自分で無理をして片付けようとするケースもあるでしょう。しかし、無理をするのではなく、たまには家事代行にお願いするのもおすすめです。家事代行では、優先して片づけてほしいところなどの要望を伝えられます。, 通常の家事や片付けはもちろん、悪阻がつらいときには料理の作り置き、お腹が大きくなり始めたら屈むことが多い掃除を依頼するなど、そのときの状態に応じて依頼するのがよいでしょう。外部に頼むとなれば「事前にある程度片づけなければ」と考えてしまうかもしれませんが、部屋が荒れたままでも問題はありません。一度気軽に試してみましょう。, 妊娠・出産の経験があるとはいえ、悪阻のつらさや身体の負担が軽減するわけではありません。むしろ上の子の育児もしなければならないため、身体の負担は増えているケースも多くなります。「頑張らなければいけない」と考えるのではなく、どうすれば負担が軽くなるのかを考え、無理せず周りのサポートを得ることが大切です。妊娠には個人差があります。周りの意見に流されないよう、つらいときにはしっかりと「つらい」と伝えてください。, 忙しい家庭の二人目妊娠のサポートに役立つのが家事代行サービスのベアーズです。数時間からの単発でも依頼できるほか、定期的に依頼できるプランもあります。また、毎回同じスタッフが良いという場合には、専任スタッフにお願いできるのも嬉しいポイントです。, といった利用者からの感想もあり、家事代行の定期利用が心と時間の余裕につながるケースも多くあります。「家事代行を頼むのは不安」という場合は、初めてでもお気軽に試せる「お試しプラン」がおすすめです。あわただしい出産後のサポートに、検討してみてはいかがでしょうか。. 三人目や四人を目指す人は 是非退職し 大切な子供と楽しく過ごし 待機児童の多い保育園は是非辞めて頂きたい . 「産後のお母さんをサポートしたい。」当たり前に産後ケアを受けれる社会づくりに励まれる、”かどたに まいさん”のお話を聞いてきました。 かどたに まいさんのプロフィール 出身地:福岡県 活動地域:福岡市近郊 経歴:1980年東京都生まれ。10代、20代、30代で一人づつ出産した三 … また、4人(以上)のきょうだいですと、更に第一子は親代わりとなり、また、3番目(下から2番目が)の存在感が薄く存在意義が見えなくなったりするようです。 3.三人きょうだい. 2人目の誕生はとても喜ばしいことだけど、上の子のケアが気になるところ。赤ちゃん返りや、きょうだいとしてのしつけ方など、初めての対応に不安を抱いている方も多いはず。そこで今回は、口コミサイト『ウィメンズパーク』に寄せられた「上の子への接し方」についてのアドバイ … 贈る側が悩みがちな、二人目・三人目以降の赤ちゃんへの出産祝い。ついつい「無難なもの」を選びがちですが、せっかくのお祝いですから、ママや赤ちゃんが心から喜んでもらえるものを贈りたいですよね。そこで、兄弟の性別構成や上の子の年齢を目安にした、2人目・3人目の出産選 … 埋もれないように独特の道を行く第二子. よく耳にする上の子の赤ちゃん返りって何?2人目を授かったら知っておきたい、赤ちゃん返りの症状や原因、対処方法とは?元幼稚園講師で、2万件以上の育児相談に対応した一般社団法人.子育て心理学.協会の代表理事・東ちひろさんに詳しい話を聞いた。 高齢出産だと2人目・3人目は無理と思っている人も多いと思いますが、何歳であろうと育てられない命を宿すことはありません。年齢にこだわって最初からあきらめてしまうのはもったいない! 高齢出産で経産婦が2人目・3人目を産む事のリスクや、知っておくべき事を解説します。